" />

金融資産年間200万円増が目標である家庭の記録

ジャムぞうの聖域なき財政改革

家計管理

私の酒代推移:変動要因とレコーディングドリンクの効果

投稿日:

私は軽いアル中である。ほぼ毎日のハイボール晩酌、さらに私の職場や取引先はその性格上飲み会も多く、痛風や糖尿持ちの村と化しており、現在の職場に異動させられてから尿酸値が7.0を下回ったことがない。そんな我が家の酒代はある意味固定費と化しているが、削減に向けての取り組みは始めており(主に妻氏が)、その記録を示す。基本的に飲み会代は取引先や会社内の懇親会であり、経費で落ちるため入れていない。たまの個人的飲み会は記録と記憶がないので、あくまで家における晩酌代である。

1.酒代の推移

 

計測期間30か月
総合計(円)257,853
平均(円/月)8,317

我が家ではジムビームと炭酸の組み合わせによるハイボールが定番メニューで、上記金額には酒代と炭酸代が合算で計算してある。我々夫婦は酒好きで揃って晩酌していたが、上記グラフのオレンジポイントで子供ができたため、そこから妻氏が戦線離脱し、私が一人ビームを継続する事となった。しかし妻氏の離脱により実質的に消費量が半分になったため、酒代が50%減となった。いきなり大きな成果である。

こうしてみると以下の記事のように健康保険の増額を嘆くよりも、酒を減らした方が家計にも健康にもいいし、酒が原因の病気で逆に健康保険組合が圧迫されているのではないかという、ぐうの音も出ないほどの正論はとりあえず棚上げしておく。

こども保険は年金保険料を上げるための口実に使われているのか

表題の様な事をふと思ったのは給与明細を見て、健康保険料が上がり、雇用保険料が下がっていたからである。私は組合健保なので協会健保よりは保険料が安いが、組合健保も解散している所が出始めている。理由は高齢者 ...

次に私の取り組みを説明する。

2.アルコール摂取量の測定

上記グラフの緑ポイント②、昨年の11月までは気の向くままに晩酌をしていたら3日程でウイスキー1瓶が無くなった事がある。このように今どれくらいまで飲んだのかを把握していないと際限なく飲んでしまうため、飲む度に記録を付ける事にしたのだ。以下は記録を元に算出したアルコール摂取量(推定値)のグラフである。

①私の適量目安:アルコール換算で40g:ウイスキーダブル2杯。80g以上は飲み過ぎライン。

②記録方法:ビールなら350ml1缶で、ウイスキーならシングル1杯を飲んだ時点で「1」とカウントしていく。その数字と、ビール、ウイスキー、焼酎などのアルコール含量から、摂取したアルコールの推定値を記録していく。飲み会は覚えている範囲で記録をしていく。

適量が何故40gなのか。その根拠は薄弱であるが、以下である。

飲酒とJカーブ (提供元:厚生労働省)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-001.html

アルコール摂取量が1日23g未満の男性は総死亡でみると相対的に最もリスクが低くなり、40g程度だと相対的リスクは1.0程度、さらに我々の家系は酒には弱いが、酒好き家系で肝臓疾患にかかった人もいないという楽観的な理由で40gを適量と決めた。

ちなみに飲み過ぎラインである80gを超えているポイントは全て飲み会である。

3.アルコール摂取量測定の成果

①測定期間中の適量摂取日

測定期間180日
摂取量40g以上92日
摂取量40g以下88日
 うち休肝日29日

おしい。適量摂取量日と休肝日を合わせた日数は88とぎりぎり50%に届かなかった。しかし休肝日は週に1回はとれている。これは人類にとっては小さな一歩でも、私にとっては大きな一歩だ。測定前には休肝という文字は私の辞書には存在しえなかったのだから。

記録する事で適量を意識し、これ以上は飲まないようにしようという意識が芽生えたのは家計にも健康にもいい事である。

②測定期間前後の酒代比較

測定前6か月42,514円
測定中6か月33,785円
 差額▲8,729円
 差額(月換算)▲1,454円

数字だけ見ると、月ジムビーム1本分は削減できている計算だが、この結果はまだまだデータが足りない。測定期間の中で、年末、正月、歓送迎会という飲み会ラッシュがあったため、アルコール摂取は会社の経費で行ったことになり、家での晩酌が測定前6か月よりも少なかっただけなのかもしれない。金額に関しては今後も調査を継続する。

③休肝日がやばい

今まで休肝などしてこなかったが、その効果は素晴らしい。まず目覚めがすっきり爽やかで、まだ寝てたい感覚が続くあの瞼が重い感覚が無いのだ。さらに体が軽い。2日間連続で休肝した次の日などは腎臓あたりに鉄アレイが入っていたのではないかという位、軽快に出勤できる。酒を飲む習慣が無い人も休肝したくなるくらいだ。

とは言え私もセルフコントロールが苦手な人間。ここ最近は仕事のストレスから晩酌で飲みすぎる事が多く、一昨日まで連続飲酒記録21日を達成してしまったのである。昨日はさすがに休肝であったが。

浪費している時の心理 その3:遅延割引と変化抵抗

行動心理学の教科書を使って自分の心を抉り出すという行為、それにより浪費への根本的な解決方法は見つかっていないと先に宣言しておく。ただし自分の行動を分析するというものは意外に楽しいもので、これからの倹約 ...

4.まとめ‐酒代削減取り組み途中経過の感想

①母は強し

一番削減額が大きかったのは妻氏がぴたっと酒を辞めた事によるものだ。私は到底できない意志の強さである。

②アルコール摂取量測定については日々の意識改革に一定の効果がある可能性

意識は多少変わるが、酒代への直接的な効果は今後も継続調査が必要。

③飲み過ぎはやっぱり体に悪い

「人の世に楽しみ多し然れども 酒なくして何のたのしみ」と詠ったお酒好き好き大好きポエマー、若山牧水も1日1升の日々を過ごし、43歳で「酒ほしさまぎらはすとて庭に出でづ庭草をぬくこの庭草を」と遺し肝硬変で亡くなった。私の父も祖父も左利きだが、父はMRIで「脳が委縮している」と診断を受け、祖父も動脈瘤を患った(どちらも存命である)。

酒好き諸兄もたまの休肝で翼を授かった方がいいかもしれない。特に翌日の出勤が憂鬱な日曜がお勧めだ。お酒は美味いし、面白い。末永く晩酌できるように、適量摂取になるかはわからないが、家計にも健康にも配慮して適度を意識して飲みましょう。

以上です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

広告



広告



読まれている記事

1

行動心理学の教科書を使って自分の心を抉り出すという行為、それにより浪費への根本的な解決方法は見つかっていないと先に宣言しておく。ただし自分の行動を分析するというものは意外に楽しいもので、これからの倹約 ...

2

橘玲氏著「専業主婦は2億円損をする」を読んでみましたが、著者は幸福になるためには、ある3つの条件のうち少なくとも2つをクリアする必要があると述べています。 ただ次の家庭環境下、それは夫婦で収入が高い方 ...

3

私は現在マンツーの英会話を週に2~4回行っており1回90分で10か月ほど通いつめたらTOEICが685点に向上しました(こ2018年6月時点)。英単語はスタディサプリのアプリで暇があるときにたまに見た ...

4

費用一覧をお示しする前に少々身の上話をします。一覧をご覧になりたい方はささっとスクロールをば。 かのジョージ・マロリー卿は「何故山に登るのか」と問われた際に「そこに山があったからだ」と答えた一方、漫画 ...

5

数あるブログを拝見させて頂いていると、idecoの口座開設から実際に投資できるまではとても時間がかかっており、大体1か月~2か月程度かかっているようです。 今年2月初旬に私もidecoに申請書を出し、 ...

-家計管理

Copyright© ジャムぞうの聖域なき財政改革 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.